TopPage>カーシェアリングの基礎知識Q&A>車内に忘れものをした場合は、どうするの?

車内に忘れものをした場合は、どうするの?

カーシェアリングの場合、レンタカーと異なり、無人のカーステーションに車を返却します。
車内に忘れものをしたことに気づいた時には、どうしたらいいのでしょうか?

レンタカーの場合は、車を返却後に、レンタカー車内の清掃整備を行うので、忘れ物があった場合には、レンタカーの営業所に連絡すればいいのですが、カーシェアリングの場合はどうするのでしょうか?





カーシェアリングの忘れ物の対処について

忘れものにに気づいた時間により対処方法は異なります

車を返却した(車の施錠した)直後に忘れものに気づいた場合

車の解錠・施錠をICチップ付きIDカードで行う大手カーシェアリング会社の場合、車を返却し、施錠した後の一定時間または、一定回数、車のドアを解錠することができます。

オリックスカーシェアの場合
車の返却施錠後、5分以内であれば、IDカードを利用して車のドアを解錠することができます。
タイムズ・カープラスの場合
車の返却施錠後、1回のみIDカードを利用して車のドアを解錠することができます。
カレコ・カーシェアリングクラブの場合
車の返却施錠後、10分以内であれば、スマートフォンや携帯電話が必要になりますが、忘れ物対策機能で車のドアを解錠することができます。
アースカー
車の返却施錠後、10分以内であれば、スマートフォンや携帯電話が必要になりますが、Webの会員マイページ画面から車のドアを解錠することができます。

車を返却してからしばらく経った後に忘れものに気づいた場合

この場合には、カーシェアリング運営会社のサポートに電話連絡します。

次の利用者が気付いてサポートに連絡してくれている場合や、車を返却後に、カーシェアリング運営会社が車のチェックに来ている場合には、忘れ物があった場合には、カーシェアリング運営会社に忘れものが保管されている時があります。その場合には、カーシェアリング運営会社へ引き取りにいきます。

車を返却後に利用者がいなかったり、カーシェアリング運営会社のチェックがまだ来ていない場合には、カーシェアリング運営会社により対応は異なりますが、カーステーション前から電話している場合には、一時的に車のドアを解錠してくれる場合もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

copyright©2011~2020 カーシェアリングの比較 all rights reserved.

「カーシェアリングの比較」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。