TopPage>カーシェアリングの基礎知識Q&A>カーシェアリングという新しい車の利用方法

カーシェアリングという新しい車の利用方法

カーシェアリングとは、自己所有ともレンタカーとも違う新しい車の利用方法です。
カーシェアリングとは、言葉の通り、複数の人で自動車を共同利用する仕組みです。

カーシェアリングは、ヨーロッパではじまった車の共同所有の方法で、事前に契約に合意した人たちが共同で車を所有し、ある一定にルールに準じて車を利用する方法やシステムのことです。
元々、ヨーロッパでは、友人、知人で車を共同購入して共同利用するカーシェアという考え方があり、カーシェアリングは、車の共同所有・共同利用が進化した車の費用を節約できる新しいの利用方法です。





日本でも、車の維持費用が節約できるカーシェアリングが普及し始めている

2002年にオリックス自動車の提供し始めたカーシェアリングが、日本で初めての企業としてのカーシェアリングです。

日本でも、営利企業として、オリックスカーシェア、タイムズカーシェアなどを初めて十数社がカーシェアリングを事業として行っています。また、非営利団体としては、横浜市と日産が共同で行っている電気自動車のカーシェアリングなどがあります。

日本でも、ここ数年、都市を中心にカーシェアリングが広まってきています。駅の近くのコインパーキングや、マンションの駐車場などの一画で営利企業のカーシェアリングのステーションを見かけるようになりました。

車の購入費用や、保険、駐車場料金などの車の維持費を気にする人を中心に、多くの人が、最近ではタイムズやカーコレコ、オリックスカーシェアなどのカーシェアリングを利用しています。

タイムズカーシェアリング_アクア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

copyright©2011~2020 カーシェアリングの比較 all rights reserved.

「カーシェアリングの比較」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。